2018/05/18

個展その1 森村泰昌展「高く、赤い、中心の、行為」

 場 所 :MEM 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff 3F
           TEL 03-6459-3205

 会 期 :2018 6月9日(土)~7月8日(日)休・月曜

http://mem-inc.jp/2018/05/25/180609morimura/
 この展覧会は高松次郎、赤瀬川原平、中西夏之により結成され

たハイレッド・センターによって、1964年に東京の路上で行わ

れた「第6次ミキサー計画」での各作家による「行為」を参照しな

がら、作家の地元大阪の鶴橋で森村自身によって行われたパフォー

マンスを基に写真とビデオ作品を制作したものである。(プレス・
リリースより抜粋)

また、暗黒舞踏の大野一雄氏の「ラ・アルヘンティーナ頌」を森村が再考した映像作品も上映されます。

【関連対談企画】
ゲスト| 岡村恵子 (予定, 東京都写真美術館 学芸員)
日時|6月9日(土) 18:00-19:30
会場|MEM (3F)
*参加無料、終了後にオープニングレセプション開催。
*トーク開催中は展覧会をご覧いただけませんのでご注意ください。

ゲスト| 光田ゆり (美術評論)
日時|7月7日(土) 18:00-19:30
会場|MEM (3F)
*参加無料
*トーク開催中は展覧会をご覧いただけませんのでご注意ください。

【映像作品上映会】
映像作品上映会
日程:会期中の毎週土曜日 / 日曜日 一日2回上映(16:00 – / 18:00-)
事前予約の方法はこちらへ 

上映作品(全45分)
『星男』(1990)
『銃を持つ私/ウォーホルに捧げる』(1998)
『階段を降りる私/リヒターに捧げる』(1998)
『「大野一雄/ラ・アルヘンチーナ頌」のための三つの映像』(2010)
『高く、赤い、中心の、行為』(2018)


2018/05/17

個展その2:森村泰昌の絵画館

展覧会名:森村泰昌の絵画館 ―MoriP100プロジェクト/モリムラが手がけるマルチプルアートの新機軸―

*モリムラが昨年より開始した、100エディションのマルチプル作品を100アイテム制作するプロジェクトの
 第三弾を発表いたします。
http://www.nadiff.com/?p=9829

場所:NADiff Gallery(NADiffビル地下一階) 
会期:2018年6月9日[土]-24日[日]
営業時間:12:00 ‒ 20:00 月曜日定休(月曜日が祝日の場合は翌日)
関連対談企画(有料)
杉田敦X森村泰昌
日時:6月24日(日)13時〜15時
場所: NADiffa/p/a/r/t店内

協力:ステュディオ・パラボリカ


2018/04/23

読売新聞(都内版)

2018年4月22日 (執筆)

プラド美術館展 私の1点②
数々の名画 残した王


2018/04/22

イベント情報

森村がNHKカルチャーセンター青山教室にて特別講義を行います。
後日NHKラジオにて放送される番組の収録もかねたイベントとなります。どなたでもご参加可能です。(事前申し込み制、要参加料)

タイトル: カルチャーラジオ スズケン市民講座 人間を考える「美を語る」第2回
日時: 5月12日(土)16:00-17:30
会場:NHKカルチャーセンター青山教室
詳細告知HP: https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1136672.html


2018/04/10

marie claire style

ウェブサイト「marie claire style」内 artコーナー
<art>第8回 本でアート2『まねぶ美術史』

森村の著書『まねぶ美術史』が紹介されています。

http://www.afpbb.com/articles/marieclairestylejp/3170589


2018/03/17

グループ展 大阪・高島屋

場所:高島屋大阪店/6階 美術画廊

会期:2018年3月28日(水)~4月10日(水)

森村が高島屋ナンバ店にて、グループショー
「高島屋美術部110周年記念展」に参加いたします。
出品作は、新作5点をふくむ全15点。関西初お目見え
の作品もありますので、是非お出かけ下さい。
高島屋大阪


2018/02/11

レクチャー・パフォーマンス

公演名:芸術家Mの「日本、チャチャチャ!」
日時 :3月2日(金)19:00~
3月3日(土)17:00~
3月4日(日)14:00~
(上演時間は約60分を予定、各公演後にトークショーあり)
場所 :リーブラホール(港区立男女平等参画センター)
105-0023 港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦1F
http://www.minatolibra.jp/institution/
出演 :森村泰昌
演出 :あごうさとし
映像 :藤井光ほか
詳細は
http://theatercommons.tokyo/program/yasumasa_morimura
内容
この公演は、東京港区エリア一帯で展開する演劇プロジェクト「シアターコンモンズ2018」(ディレクター相馬千秋/芸術公社)の
一貫として開催される公演です。
森村作品は、東京公演に先駆けて、フランスのポンピドウメスにて2月24日に初演、秋にはニューヨークにツアする予定です。
モリムラのこれまでに制作してきた作品を自己検証することを通して、
その底流に流れる「日本文化」とは何かという問いにまで至ろうとする内容。
これを虚実ないまぜになった映像と語りとパフォーマンスによって構成します。
公演名:芸術家Mの「日本、チャチャチャ!」
日時 :3月2日(金)19:00~
3月3日(土)17:00~
3月4日(日)14:00~
(上演時間は約60分を予定、各公演後にトークショーあり)
場所 :リーブラホール(港区立男女平等参画センター)
105-0023 港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦1F
出演 :森村泰昌
演出 :あごうさとし
映像 :藤井光ほか
内容 :
この公演は、東京港区エリア一帯で展開する演劇プロジェクト「シアターコンモンズ2018」(ディレクター相馬千秋/芸術公社)の
一貫として開催される公演です。
森村作品は、東京公演に先駆けて、フランスのポンピドウメスにて2月24日に初演、秋にはニューヨークにてツアーをする予定です。
モリムラのこれまでに制作してきた作品を自己検証することを通して、
その底流に流れる「日本文化」とは何かという問いにまで至ろうとする内容。
これを虚実ないまぜになった映像と語りとパフォーマンスによって構成します。

【所員レポート 3月3日】芸術研究所所員一同で森村のレクチャー・パフォーマンス「芸術家Mの『日本、チャチャチャ!』」を観に行ってきました。森村が自身のこれまでの作品を俯瞰し、日本と「わたし」の歴史を繋げていく物語に圧倒しました。アフタートークでは、お相手の東浩紀氏の投げかけに森村が終始明るく応答しており、観客席からは笑いも溢れる場面もありました。