2017/12/17

朝日新聞

2017年12月17日   32面

文化の扉  ジャポニズムの魅惑

「誤読」が生む芸術 現代美術家 森村泰昌さん


2017/12/06

イベント告知

━━━━━━━━━━━━━━━━━
森村泰昌 MoriP100 イベント案内〈愛知開催〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━

森村泰昌MoriP100 in 羊のしるし道具店
美術家 森村泰昌による展示、茶話会、

そして御朱印帖開き

新趣向によるモリムラ流の謎のプロジェクト「MoriP100」
愛知県春日井市勝川の小さな印房店で
森村泰昌が一日かぎりの展示とイベントを行います

日時:2017年12月17日 13:00-18:00
場所:羊のしるし道具店 *茶話会のみ1階カフェ百時で開催
(愛知県春日井市旭町1-11 勝川大弘法通り商店街

まち起業シェア店舗TANEYA2階)

◆MoriP100 マルチプル作品展示販売 13:00-18:00 入場無料

◆森村泰昌の茶話会 14:00-15:30 *会場=1階カフェ百時
「モリムラ、謎のプロジェクト”MoriP100”を語る」。
定員25名(先着順) 予約制 参加費2,500円

◆モリーダ御朱印帖開きの会 16:00-17:00
モリムラが一人ひとりに目の前で創作文字を墨書するセレモニー。
予約優先 初めての方12,000円(御朱印帖込)/

リピーター3,000円(ご持参のモリーダ御朱印帖に墨書)

◆森村泰昌モリーダ茶会 17:00-18:00
定員6名 予約制
初めての方18,000円(MoriP#014「生命万歳」お皿込)/

リピーター3,000円(モリーダ皿をご持参ください)


2017/11/22

あまから手帖 2017 12月号

(株) クリエテ関西    (執筆)

あの街 この街 昭和あじ 最終回   「上本町」

森村が高校・大学時代によく通った食堂や喫茶店を中心に、

当時の上本町の「昭和のあじ」を語っています。


BRUTUS 12/1号

(株) マガジンハウス

Brutuscope いまのドラえもんに抱く“複雑”な気持ち・・

現在、森アーツセンターギャラリーで開催中の「ドラえもん展」にて p131


2017/11/07

グループ展

タイトル:THE ドラえもん展 TOKYO 2017

場 所 :森アーツセンターギャラリー 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階

入場料・一般 1800円  お問い合わせ ハローダイヤル 03-5777-8600(8:00~22:00)

ハローダイヤル03-5777-8600(8:00~22:00)

会 期 :2017年 11月1日(水)~2018年1月8日(月・祝)

森村 泰昌+コイケジュンコとして、ドラえもんをモチーフにした新作を展示しています!


下町芸術祭 l 森村泰昌「下町物語プロジェクト」2017~2019

神戸新長田『森村泰昌「下町物語2017-2019」』
芸術の秋本番11/3文化の日に、神戸と大阪で3つのプロジェクトをオープンしました。一つは神戸新長田・下町芸術祭のゲストキュレーターとして関わる『森村泰昌「下町物語2017-2019」』です。「下町とは何か?」をテーマに、関西三都(新長田・釜ヶ崎・崇仁)を巡りつつも、どこにもない「下町」的なるものを創作する三カ年のプロジェクトです。初年度《序説》は、町下路地蔵こと森村泰昌の『贋作「下町新党」党首演説』・思考地図としての展覧会・関連映像作品上映とシンポジウムで幕を開けます。
展覧会は、大正時代の旧保育所の各所を地図に見立て、なぞなぞ看板・動物の張子式彫刻など6名の新長田の方々による表現物と、森村初の試みである即興彫刻《積木組》と、まちの音・ピアノ演奏・演説によるサウンドインスタレーション《下町組曲》などによって構成しています。
黄色いマップ型ハンドアウトには、演説全文掲載など情報満載。11/12イベント(要申込)もお見逃しなく!
[展示]
「下町物語プロジェクト2017~2019」序説
2017年11月3日(金)〜25日(土)​11時〜17時※月曜日休業
会場:旧駒ヶ林保育所(神戸市長田区駒ヶ林町5丁目8-6)|有料:500円
​出展者:森村泰昌(美術家・文筆家)、原澤祥輝(たこやきフレンド店主)、中村雄二郎(理容中村店主・中村美術館)、森本忠義(駒ヶ林3丁目空地見守り人)、柿原三代治(元柿原板金店店主)、柴田幸房(お好み焼志ば多店主)、堀之内薫(hairおしゃれ店主)
森村泰昌新作映像作品上映会とシンポジウム
新作映像作品 「Dr.Super Dry-我が輩は辛口である-」
シンポジウム 「そもそも下町ってなんやろか」
2017年11月12日(日)17時30分〜20時
会場:ArtTheater dB KOBE(神戸市長田区久保町6-1-1​ 4F)|有料1,000円(※要事前web申込https://www.shinnagata-artcommons.com/contact)
​基調講演者|山田創平(社会学者 京都精華大学人文学部総合人文学科長・准教授)
登壇者|森村泰昌(美術家・文筆家)、上田假奈代(cocoroom代表)、石原友明(京都市立芸術大学芸術資源研究センター 所長)、佐藤知久(京都市立芸術大学芸術資源研究センター 准教授)、横堀ふみ(ダンスボックス ディレクター)
進行|木ノ下智恵子​(プロジェクトディレクター・大阪大学21世紀懐徳堂 准教授)

「下町物語プロジェクト2017~2019」序説

2017年11月3日(金)〜25日(土)​11時〜17時※月曜日休業

会場:旧駒ヶ林保育所(神戸市長田区駒ヶ林町5丁目8-6)

有料:500円

出展者:森村泰昌(美術家・文筆家)、原澤祥輝(たこやきフレンド店主)、中村雄二郎(理容中村店主・中村美術館)、森本忠義(駒ヶ林3丁目空地見守り人)、柿原三代治(元柿原板金店店主)、柴田幸房(お好み焼志ば多店主)、堀之内薫(hairおしゃれ店主)

森村泰昌新作映像作品上映会とシンポジウム

新作映像作品 「Dr.Super Dry-我が輩は辛口である-」

シンポジウム 「そもそも下町ってなんやろか」

森村泰昌下町物語プロジェクト

☆ ☆ 2017年11月12日(日)17時30分〜20時 ☆ ☆

会場:ArtTheater dB KOBE(神戸市長田区久保町6-1-1​ 4F)|有料1,000円(※要事前web申込)

基調講演者|山田創平(社会学者 京都精華大学人文学部総合人文学科長・准教授)

登壇者|森村泰昌(美術家・文筆家)、上田假奈代(cocoroom代表)、石原友明(京都市立芸術大学芸術資源研究センター 所長)、佐藤知久(京都市立芸術大学芸術資源研究センター 准教授)、横堀ふみ(ダンスボックス ディレクター)

進行|木ノ下智恵子​(プロジェクトディレクター・大阪大学21世紀懐徳堂 准教授)​​


2017/09/04

展覧会(グループ展)

タイトル:ひとのかたち 人物表現を味わう

場 所 :茨城県天心記念五浦美術館 (北茨城市大津町椿 0293-46-5311)

会 期 :2017年 9月1日(金)~10月15日(日)

出展作 :肖像・ゴッホ(小)

IMG0001