イベント

2018/11/25

ストリーミング配信(イベント)

森村が以下のストリーミング配信番組に参加します。
スタジオ観覧ご希望の方は までお申し込みください。

◎番組タイトル
河出書房新社 Presents マルセル・デュシャンとは何か!?!?!?!?!?!?∞

◎ストリーミング日時
2018年11月26日(月)19時~ (※集合時間はその30分ほど前)2時間程度

動画配信URL: http://www.dommune.com/

◎会場
DOMMUNE(150-0011 東京都渋谷区東4丁目6-5 B1)

◎出演
森村泰昌(美術家)、平芳幸浩(デュシャン研究者) 司会=小崎哲哉(編集者、ジャーナリスト)

◎番組概要(主催者告知より)
コンテンポラリー・アートにおけるプレゼンスが増すばかりの伝説のアーティスト、マルセル・デュシャン。昨年2017年は《泉》から100年、そして今年2018年は没後50年のメモリヤル・イヤーでした。そんな記念すべき年に、日本ではデュシャンの聖地・フィラデルフィア美術館から貴重な作品群が東京国立博物館に大移動して「マルセル・デュシャンと日本美術」展が開催中!
そのどさくさにかこつけて、浩瀚なデュシャン伝をものしたカルヴィン・トムキンズを聞き手にデュシャンがリラックスしてあることないこと語りまくる『マルセル・デュシャンアフタヌーン・インタヴューズ』、そして日本を代表するデュシャン研究の第一人者・平芳幸浩氏(『マルセル・デュシャンとアメリカ』で吉田秀和賞を受賞)による書きおろし入門書『マルセル・デュシャンとは何か』の2冊を河出書房新社が刊行いたしました。
アーティスト、研究者、そしてアート・ジャーナリストが徹底討論する、21世紀のデュシャンの楽しみ方とは――。これを観て、本を読んで、トーハクの階段を裸で駆け降りろ!


2018/11/23

イベント開催(東京、大阪2件)

東京、大阪にて、森村のトークイベントが開催されます。

(東京)
クラーナハトーク

イベントタイトル:クラーナハの誘惑、ふたたび ――森村泰昌とユディトを語らう夕べ
出演:森村泰昌× 新藤淳(国立西洋美術館主任研究員)

2018年11月30日(金)
国立西洋美術館 講堂(企画展示館地下2階)(東京・上野)
19:00~20:30 (開場18:40)
定員130名
当日18:00より、国立西洋美術館本館1階東口付近(企画展示館に降りる階段付近)にて整理券を配付。

国立西洋美術館が新しく購入した、クラーナハ作「ホロフェルネスの首を持つユディット」をテーマに、
ユーディットをテーマにした経験のあるモリムラと、クラーナハの研究家である新藤淳氏が語り合います。

(大阪)

nakanoshima_screening_flyer

イベントタイトル:『森村泰昌の「映像—都市」論(上映とトークによって大阪を読み解く)』
出演:森村泰昌 卯城竜太(Chim↑Pom) 高岡伸一(建築家)
日時  :12月7日(金)19時~20時30分
場所  :大阪市中央公会堂
上映作品:「喜怒哀楽をふところに」(ロケ場所 旧国立国際美術館/万博記念公園 大阪市中央公会堂他)
「烈火の季節(MISHIMA)」 (ロケ場所 旧陸軍第四師団司令部庁舎)
「なにもかへのレクイエム(人間は悲しいくらいに虚しい)」(ロケ場所 釜ヶ崎)
「なにもかへのレクイエム(独裁者を笑え)」(ロケ場所 大阪市中央公会堂)

*特に「なにもかへのレクイエム(独裁者を笑え)」は、撮影場所である大阪市中央公会堂におけるはじめての上映で、いわばお里帰りの上映です。
上映されている情景と、今映画を見ている所が同じ場所であるという、またとない組み合わせが展開、一見の価値アリです!

くわしくは、

http://artarea-b1.jp/archive/2018/12071335.php

を御覧下さい。


2018/04/22

イベント情報

森村がNHKカルチャーセンター青山教室にて特別講義を行います。
後日NHKラジオにて放送される番組の収録もかねたイベントとなります。どなたでもご参加可能です。(事前申し込み制、要参加料)

タイトル: カルチャーラジオ スズケン市民講座 人間を考える「美を語る」第2回
日時: 5月12日(土)16:00-17:30
会場:NHKカルチャーセンター青山教室
詳細告知HP: https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1136672.html


2018/02/11

レクチャー・パフォーマンス

公演名:芸術家Mの「日本、チャチャチャ!」
日時 :3月2日(金)19:00~
3月3日(土)17:00~
3月4日(日)14:00~
(上演時間は約60分を予定、各公演後にトークショーあり)
場所 :リーブラホール(港区立男女平等参画センター)
105-0023 港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦1F
http://www.minatolibra.jp/institution/
出演 :森村泰昌
演出 :あごうさとし
映像 :藤井光ほか
詳細は
http://theatercommons.tokyo/program/yasumasa_morimura
内容
この公演は、東京港区エリア一帯で展開する演劇プロジェクト「シアターコンモンズ2018」(ディレクター相馬千秋/芸術公社)の
一貫として開催される公演です。
森村作品は、東京公演に先駆けて、フランスのポンピドウメスにて2月24日に初演、秋にはニューヨークにツアする予定です。
モリムラのこれまでに制作してきた作品を自己検証することを通して、
その底流に流れる「日本文化」とは何かという問いにまで至ろうとする内容。
これを虚実ないまぜになった映像と語りとパフォーマンスによって構成します。
公演名:芸術家Mの「日本、チャチャチャ!」
日時 :3月2日(金)19:00~
3月3日(土)17:00~
3月4日(日)14:00~
(上演時間は約60分を予定、各公演後にトークショーあり)
場所 :リーブラホール(港区立男女平等参画センター)
105-0023 港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦1F
出演 :森村泰昌
演出 :あごうさとし
映像 :藤井光ほか
内容 :
この公演は、東京港区エリア一帯で展開する演劇プロジェクト「シアターコンモンズ2018」(ディレクター相馬千秋/芸術公社)の
一貫として開催される公演です。
森村作品は、東京公演に先駆けて、フランスのポンピドウメスにて2月24日に初演、秋にはニューヨークにてツアーをする予定です。
モリムラのこれまでに制作してきた作品を自己検証することを通して、
その底流に流れる「日本文化」とは何かという問いにまで至ろうとする内容。
これを虚実ないまぜになった映像と語りとパフォーマンスによって構成します。

【所員レポート 3月3日】芸術研究所所員一同で森村のレクチャー・パフォーマンス「芸術家Mの『日本、チャチャチャ!』」を観に行ってきました。森村が自身のこれまでの作品を俯瞰し、日本と「わたし」の歴史を繋げていく物語に圧倒しました。アフタートークでは、お相手の東浩紀氏の投げかけに森村が終始明るく応答しており、観客席からは笑いも溢れる場面もありました。

2017/12/06

イベント告知

━━━━━━━━━━━━━━━━━
森村泰昌 MoriP100 イベント案内〈愛知開催〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━

森村泰昌MoriP100 in 羊のしるし道具店
美術家 森村泰昌による展示、茶話会、

そして御朱印帖開き

新趣向によるモリムラ流の謎のプロジェクト「MoriP100」
愛知県春日井市勝川の小さな印房店で
森村泰昌が一日かぎりの展示とイベントを行います

日時:2017年12月17日 13:00-18:00
場所:羊のしるし道具店 *茶話会のみ1階カフェ百時で開催
(愛知県春日井市旭町1-11 勝川大弘法通り商店街

まち起業シェア店舗TANEYA2階)

◆MoriP100 マルチプル作品展示販売 13:00-18:00 入場無料

◆森村泰昌の茶話会 14:00-15:30 *会場=1階カフェ百時
「モリムラ、謎のプロジェクト”MoriP100”を語る」。
定員25名(先着順) 予約制 参加費2,500円

◆モリーダ御朱印帖開きの会 16:00-17:00
モリムラが一人ひとりに目の前で創作文字を墨書するセレモニー。
予約優先 初めての方12,000円(御朱印帖込)/

リピーター3,000円(ご持参のモリーダ御朱印帖に墨書)

◆森村泰昌モリーダ茶会 17:00-18:00
定員6名 予約制
初めての方18,000円(MoriP#014「生命万歳」お皿込)/

リピーター3,000円(モリーダ皿をご持参ください)


2017/02/27

イベント『MoriP100/ライブ&トーク第二弾』

現在、parabolica-bisにて開催中の個展「MoriP100 森村泰昌・屋」。
『MoriP100』とは何かを体感していただきたくイベント開催が決定しました!
盛りだくさんの内容で皆さまをお待ちしております!
日時:3月3日(金)午後7時~9時
場所:パラボリカ・ビス(東京都台東区柳橋2-18-11 03-5835-1180)
予約はこちら⇒ http://www.yaso-peyotl.com/archives/2017/02/vtu_live.html 

内容:井上弘久(朗読パフォーマンス)
   コイケジュンコ&スカンク(トーク&パフォーマンス)

   松蔭浩之&ベッチン・アンダーグラウンド(ライブ演奏)
  (伝説のロックバンド、ベルベット・アンダーグラウンドをテーマに
   松蔭浩之がこの日のために結成した6人編成のバンド)

   森村泰昌(売人・トーク/MorP100プロジェクトについて、モリムラ本人がレクチャーいたします)
   今野裕一(黒幕・トーク)

入場料:無料


2016/10/24

講演会

日時:10月29日(土)

会場:同志社大学今出川キャンパス、神学館 3階チャペル

当日のプログラム:美学芸術学会の研究発表会(10:00~15:30)
       
 美学芸術学会および文化学会共催の講演会(森村 16:00~17:00)

第一部:10:00~15:30  美学芸術学会研究発表
  研究発表: 
  1.尾形絵里子(卒業生、高松市美術館学芸員)
  2.松原瑞枝 (本学大学院後期課程学生)
  3.外山悠 (本学大学院後期課程学生)
  4.尾崎一成 (卒業生 京都市立芸術大学大学院後期課程学生)
  5.大愛崇晴 (本学科准教授 音楽学)
  6.岡林洋 (本学科教授)
   
 第二部:美学芸術学会・文化学会共催講演会(午後4時~5時) 
   森村泰昌氏:「わたし」が「私」と出会うとき(自画像とは何かを考える)

 森村は午後4時からの講演会に登壇します。
doshisa_image