「森村泰昌」芸術研究所

このホームページは森村泰昌芸術研究所が管理・運営しています。

kyotosymposium_0919


☆ 京大おもろトーク動画

2015/08/21

先日7/30に京都大学にて開催された、第2回「京大おもろトーク:アートな京大を目指して」。
そのトークの模様が動画にてアップされました!
下記のサイトからご覧ください。
http://ocw.kyoto-u.ac.jp/ja

第2回「京大おもろトーク:アートな京大を目指して」
日時: 2015年7月30日(木)午後6時~8時
場所: 京都大学百周年時計台記念館2F 国際交流ホールⅠ・Ⅱ
パネリスト:酒井 敏氏(京都大学総合人間学部 教授)、大塚亮真氏(京都大学農学部資源生物科学科4回生)、森村泰昌

☆ 芸術資源研究センターシンポジウム「ほんまのところはどうなん,『アーカイブ』〜初心者にもわかるアーカイブ論〜」

2015/08/09

森村が、京都市立芸術大学 芸術資源研究センター主催の公開シンポジウムに登壇します。
シンポジウムは、自らを「アーカイブ初心者」と呼ぶ森村が、アーカイブに関して分からないことを研究者に聞いてみるという趣向で開催されます。
「なぜ、いまの美術でアーカイブが話題となっているのか」を一緒に考えませんか。

日時/会期 平成27年9月19日(土曜日)13時から17時30分まで
会場 京都芸術センター フリースペース
住所 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏町546-2
参加料 無料(事前申込不要)

プログラム
その0:「プロローグ:ボクにもわかるように話してな」話者:森村泰昌(京都市立芸術大学客員教授・芸術資源研究センター特別招聘研究員)
その1:「なんでそんなもんが出来てきたん」話者:林田新(芸術資源研究センター研究員)
その2:「なにかおもろいのか教えてください」話者:佐藤守弘(京都精華大学教授)
その3:「アーカイブは病やて言うてる学者がいるらしい」話者:加治屋健司(芸術資源研究センター専任研究員・准教授)
その4:「アーカイブを芸術にする人が増えて来た」話者:加須屋明子(京都市立芸術大学美術学部教授)
その5:「忘れることはよくないことですか」話者:石原友明(芸資研センター所長・京都市立芸術大学美術学部教授)
その6:「ほんまのところどうなん,『アーカイブ』」(全員)

☆ グループ展

2015/06/11

*東京国立近代美術館で開催中の展覧会に映像作品「烈火の季節 
なにものかへのレクイエム(MISHIMA)」(第9室)が
出展されています。この部屋の名称は「静聴せよ!」
また隣の第8室にはスチール作品も同時に展示。
詳しくは 東京国立近代美術館

展覧会名:「MOMAT コレクション 
       特集:誰がためにたたかう?」 

会期  :2015 5/26-9/13
IMG_3737

*同じく東京国立近代美術館で開催中の「No Museum,
No Life?ーこれからの美術館事典」と題した展覧会にも
森村作品「フェルメール研究(3人の位置)」が出展中です。
会期は 2015年6月16日~9月13日。
この展覧会は、日本のナショナルミュージアム5館のコレクション
から約170点を展示。

morimura3