2018/08/30

美術手帖増刊 藤田嗣治

2018年8月30日発行 (執筆)

ドールハウスの「私」
ー藤田嗣治の自画像を読み解くー

pp.56-59


2018/08/08

Precious

2018年9月号

特集 大人のための「西洋美術」楽しみ尽くし講座 
Part1 フェルメールの”光”に隠された秘密に迫る!

作家の有吉玉青さんと森村の対談が掲載されています。 pp.216-223


2018/08/01

福永一夫 写真展 『ARTIST:1989-2018 — 美術家 森村泰昌の舞台裏』

fukunaga_DM
期間 : 2018年9月29日(土) ~ 10月21日(日) 11:00〜20:00 (会期中無休)
場所 : Bギャラリー(ビームス ジャパン 5F) 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6
TEL : 03-5368-7309 www.beams.co.jp/bgallery
レセプションパーティー : 2018年9月28日(金) 18:30~20:00

(Bギャラリープレスリリースより)
Bギャラリーでは2回目となる写真家、福永一夫の写真展『ARTIST:1989-2018 — 美術家 森村泰昌の舞台裏』を開催します。本展では、名画や女優に自ら扮するセルフポートレイト作品で世界的に有名な美術家、森村泰昌の80年代後半から現在にかけた作品制作の舞台裏を撮影した貴重な写真作品を展示、販売します。
また本作は、2012年に写真集の刊行に併せて行った展覧会『芸術家Mの舞台裏:福永一夫が撮った“森村泰昌”展』の続編となります。20世紀の歴史上の有名人物に扮した作品「なにものかへのレクイエム」の舞台裏をまとめた前作から6年後の本作は、森村泰昌の原点でもある世界中の名画の登場人物を中心とした舞台裏の作品を中心に発表します。どうぞご期待ください。

【写真集刊行お知らせ】 ※本会場にて先行発売となります。
タイトル: 『ARTIST:1989-2018 — 美術家 森村泰昌の舞台裏』
著者: 福永一夫
発行: 株式会社ビームス
デザイン: 細野一三
定価: 本体4,000円(税込4,320円)

【アーティスト・トークのお知らせ】
日時/会場 : 2018年10月21日(日) 14:00~15:30 / Bギャラリー (ビームス ジャパン 5F)
予約定員制 : 先着30名様  ※ご予約はBギャラリーまで
ゲスト : 森村泰昌(美術家)、飯沢耕太郎(写真評論家)


2018/07/29

グループ展

 タイトル:めがねと旅する美術展
 
 場 所 :青森県立美術館

 会 期 :2018年7月20日(金)~9月2日(日)
       (休館日なし)

 出展作 :批評とその愛人1~7

あまり展覧会に出ない作品。この機会に是非!!
なお、この展覧会は島根県立石見美術館(9/15~11・12)
静岡県立美術館(11/23~1/27)へ巡回します。
IMG0002


2018/07/10

グループ展

タイトル:起点としての80年代

場 所 :金沢21世紀美術館(石川県金沢市)

会 期 :2018年7月7日(土)~10月21日(日)

出展作 :《肖像(ゴッホ)》《肖像(赤Ⅰ)》《肖像(黒)》《肖像(泉1・2・3)》

詳 細 :https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1759

巡 回 :高松市美術館 2018年11月3日(土)〜12月16日(日)
静岡市美術館 2019年1月5日(土)〜3月24日(日)


2018/07/09

日本経済新聞

2018年7月5日 文化面

マドンナVSアーティスト 十選(7)
勅使河原純氏・文

森村泰昌《セルフポートレート/ヘプバーンとしての私2》


2018/07/03

朝日新聞・夕刊

2018年7月3日 4面

文化 パレット
森村泰昌展「高く、赤い、中心の、行為」